理学部物理学科情報理学コース

理学部物理学科情報理学コース

情報理学と他の学問

情報理学は,自然界におけるデータや現象をはじめとして,人間の知性や感性の源泉である情報を,基礎科学として理論的に探求する学問です.本コースは,こ のような新しい基礎科学を体系的に教育研究し,同時に理系の科学だけでなく,文科系や工学系の科学を含めた諸科学を情報科学的にサポートすることによっ て,広く情報社会に寄与できる高度の専門的知識と技能を備えた研究者・技術者を養成することを目的としています.
 
理学部物理学科情報理学コースの教育は大学院システム情報科学研究院情報学部門の教員が担当しています.4年生からは研究室に配属されます.情報学部門の教員の研究室・研究内容紹介はこちらをご覧下さい.

講義関連

関連リンク

学生生活

セミナー・演習

教育面では,通常の講議の他,学生諸君の自主性・自発性を重んじたセミナー・演習があります. 学生主催のTuring祭などの催しもあります. 

Turing祭

毎年11月下旬〜12月上旬にTuring祭が催行されます.名前は,コンピュータの理論的なモデルを提唱したアラン・チューリングに由来します.主に修 士1年が準備し,主にこれから研究室を選ぶ三年生を対象にした研究室紹介や、情報理学全体の親睦を深めるための懇親会などが企画されます.また,懇親会で は普段見られないような先生や先輩の素顔が見られるかもしれません.
 
ドキュメントアクション