ホーム 情報学専攻概要

情報学専攻概要

情報学専攻概要

専攻の理念とアドミッションポリシー

情報学は、人間の知性や感性の源泉であり、自然および人工システムにおいて中心的な役割を果たしている「情報」を基礎科学として探究する学問です。本専攻は、このような新しい基礎科学を体系的に教育研究し、理学、工学のみならず、人文系の科学を含めた諸科学を、情報学という視点からサポートすることによって、広く情報社会に寄与できる高度の専門知識と技能を備えた研究者・技術者を養成することを目的としています。

この目的のために、本専攻に数理情報講座、知能科学講座、計算科学講座の三つの大講座を置いています。数理情報講座は、情報学分野の中で、特に情報に関わる数理モデルの構築と解析の教育研究を担当するものであり、知能科学講座は、人間の知能情報処理の本質を探求することを目標に、認知科学及び情報科学の基礎理論とその知的システムへの応用について教育研究するものです。また、計算科学講座 (情報基盤研究開発センターからの協力) は、シミュレーション分野を横断する計算科学の基礎について教育研究するものです。

これによって、従来の情報科学、情報科学を基盤としつつ、人文系の科学も包含した、情報に関する新しい総合学問分野である情報学の新しい視点と方法論を開拓し、情報学の独創的な発展の基礎を築くことを目指します。

情報学専攻では、本専攻の理念を深く理解し、それに沿って研究を実践できる学生を求めています。具体的には、次のような学生の入学を希望します。

  1. 応用を常に意識して基礎理論の研究に取り組む学生。
  2. 基礎理論を踏まえた応用研究ができる学生。
  3. 新しい分野に挑戦していく勇気のある学生。
  4. 情報学の専門知識を獲得する意欲を持つ社会人。

専攻の構成

 

ドキュメントアクション